アクセスカウンタ

GOING SOLO

プロフィール

ブログ名
GOING SOLO
ブログ紹介
万年筆やオモチャや身の回り品の話題と、その他日々雑感綴り
zoom RSS

憧れの名車…その24…バットモービル(初代)

2017/06/19 00:05
初代のバットモービルです。子供のころ、バットマンを観ていた記憶があり、うっすらとオープンカーに乗っていたのは憶えているのですが、これだったんでしょうね。記憶にあるよりも凝ったデザインです。当時は白黒テレビだったからイメージが異なるのかもしれません。いつもの1/43ではなく、リボルテックなので1/35という変則的なサイズです。ロビンの衣装を見てロビン・フッドを連想したのですが、正解だったようです。

画像


これでバットモービルは3種をご紹介したことになります。ティム・バートン版とダークナイト3部作のタンブラーとこれですね。こうなると全種制覇したくなるのですが、Amazonを覗くとサイズも価格も完成度もバラバラです。今回が1/35なので、もはやサイズにはこだわらないと言いたいところですが…やっぱり1/43がいいなぁ。1/18は大きすぎるし、1/43以下だと小さすぎます。まあ、気長に集めることにしましょうかね。

開閉式のせいか、ドアの嵌め合い精度がイマイチなんだよな…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


2017 WAGNER東北地区大会@秋田

2017/06/18 18:21
今年も参加しました。楽しかったです。…まず前日、ビンゴゲームの景品をトートバックに入るだけ準備しました。交通手段はいつもの赤いやつですが、黄色い座席にどうも違和感なので、ちょっぴり贅沢して往復グリーン車にしました。秋田は少々肌寒く曇天。会場もいつものアトリオン。旧交を温めつつ、与太話やらオタ話やらでまったりと過ごします。今回は美文字クリニックに挑戦。先生が優しい方なので、ダメ出しはなく、字が綺麗(そんなことはないのですが)と褒められてしまいました。

画像


少し早めの終了となり、2次会に向かいます。天気は晴れになっており、2次会まで少々時間があったのでヤッター万さんとaurora_88さんと3人で軽く一杯…いやーキンキンに冷えたビールのうまいこと。そのまま2次会(3次会?)に突入です。中華料理のお店で、辛かったですが、とても美味しく頂きました。更にオイシかったのはトミケイさんの漫談。「私こう見えてもハートの心臓なので…」???意味不明な天才的ジョークを飛ばして皆さん大笑い。さすが秋萬の会長をなさっているだけのことはあります。こうして楽しく夜は更けていきましたとさ。

それにしても楽しい秋田大会…皆さんも参加してくださいね…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


ライカM3…?

2017/06/12 00:05
な訳がなく、もちろんオモチャの缶です。ちょっとそれっぽいですよね。これはブログ「スティログラフィカ」さんでご紹介されていて、欲しくなってebayで入手した代物です。「1954年に発売されたライカM3は、1966年までに13年間で約22万台生産されました。 M型の初代機であるM3は、バルナック型ライカの欠点をあらゆる点において見事に解消したカメラで、現在でもM3を超えるカメラはないとも言われています。」

画像


…だそうです。ネットで拾った紹介文。カメラには全く詳しくありませんので、この紹介文を読んでもちっともピンとこないのですけどね。でも何となくライカという名前には時計のロレックスのような印象を持っています。おそらく頑張れば買えるんでしょうが、買っても使いこなせない(着こなせない)対象ですね。万年筆で言えば同年代(1950年代)のモンブラン149かな?個人的にはオノト・マグナのような印象ですが…。

詳しくなくても憧れはあるんですよね…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


第17回ペントレ記念萬年筆

2017/06/05 00:05
何と!3週連続で万年筆ネタです。まるで万年筆ブログみたい(笑)。まあ近年では久しぶりなのは間違いないですね。第17回ペントレ記念萬年筆です。好みよりはブルーが強めのエメラルドグリーン(カメラのせいでより青っぽいです)。綺麗ですね。好みだけに拘泥すると同じ色合いばかり増えるので、こういう感じで色んなミドリ軸が、しかも限定品が入手できるのは有難いことです。WAGNER会員になった特典と言えるかもしれません。もっともこの萬年筆は欲しければ誰でも入手出来た筈。

画像


ペン先のレーザー刻印は、スッポンがペンを咥えるという図柄。一度握ったら雷が落ちても離すな!というペントレの鉄則を表しているそうです。この鉄則は2010年のペントレで痛感しました。皆が一箇所に群がってペンを漁っている状態で、欲しいペンを握りしめて離さなかった経験がありますので…。まあ、現実世界に則しているとしても何となくユーモアのある図柄ですね。今年のペントレの開場ダッシュはどうだったのでしょう。やっぱりペントレは朝一番から参加するべきかも知れません。


ペントレでゲットした別の1本はお正月用にしようかな…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6


シャアの万年筆

2017/05/29 00:05
珍しく2週続けての万年筆ネタです…とは言ってもキャラクターものですが(笑)。こちらは赤い彗星のシャアの万年筆です。ふむ…「ザビ家御用達万年筆」よりはそれなりに高級になっております。金ペンですもん。しかし、元となったプラチナのセンチュリーの倍のお値段かぁ。いろいろ付加価値というか、特注デザインになっており、ペン先まで変わっているので、まあ仕方がないかなと思います。この万年筆も転売屋が高値吊り上げしているようです。チケットと同じですね。

画像


こちらはしっかり二月に予約を入れておきましたので、定価で購入しています。個人的には素直に「わぁ〜欲しい」とならないところに屈折した心情が見て取れます(笑)。ただ、こういう入り口から万年筆を愛でる人が増えていくのは好ましいのかもしれません。そう考えて、「やっぱり買っておこう」と何となく納得させているのは自己欺瞞でしょうか。まあ、何にせよ万年筆に触れる人が増えるのは業界的には良いことでしょうね。自分も結局は入手して喜んでいます。…それが大事。

アムロ万年筆は…たぶん出ても買わないような(笑)…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


ザビ家御用達万年筆

2017/05/22 00:05
入手するかどうか迷ったんですけどねぇ、一応ミドリ軸だし、ある意味面白いかなと思って結局ゲット。予約せずのため転売屋が跋扈している時期はスルーし、「あまり高くは売れない商品」ということが定着し、定価ベースになってからオクで落としました。そもそも、ガンダムでも「ザビ家」って…思い入れはそんなに無かったし、貴族?「御用達」ならばもっとランクが上の万年筆でも良かったのでは?なんて思ってしまいます。元となったルシーナを否定している訳ではありませんが…。

画像


先に書いたようにベースとなっているのはパイロットのルシーナで鉄ペンです。廉価万年筆とは言え、パイロット製ですから、性能に問題はないとは思います。ルシーナにはミドリが無いのですよね。そういう意味で、このミドリ軸は…まあ新鮮と言えば新鮮でしょうか。子供っぽいと言ってしまえばそれまでです。おそらく40代くらいの方々が買うのでしょうから?しつこいですが、もっと高級ラインの万年筆にすべきだったように個人的には思います。

ということで、もう一方の限定万年筆に期待しましょうか…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


Fidget Cube

2017/05/15 00:05
昔ハマっていた「変なモノ」の類でしょうね。大きさはサイコロキャラメルくらいです。こういうガジェットは基本的に好きですが、「変なモノ」を集めていたころほどの情熱は無いなぁ。商品(類似品多く、これが本物かは?)説明には「【不安解消グッズ】不安、ADHD、自閉症、悪い習慣をやめる、手持ち無沙汰なときや、禁煙時のイライラなんかを紛らわせる目的に使える遊びハンド・フィジェット・キューブです。」とあります。何となく分かるような、分かんないような…。

画像


機能は、Click:5つの押しボタンがあり、その内3つはクリック音がします。Roll:ボールと回転式のダイヤルを回す。ボールはクリックもできます。Flip:シーソー式スイッチ。素早く動かすとクリック音を鳴らせます。Spin:回すことのできる小さな円盤。Glide:クリクリと動かせる小さなジョイスティックです。Breathe(底面):忘憂石と呼ばれる滑らかな石のように、指先で触れて精神を落ち着かせます…凹んでいるだけですが。

何となく手用のガムみたい…会社用にもう一個買おうかな…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


始祖鳥をゲット…「大英自然史博物館展」

2017/05/09 00:05
東京都美術館の「バベルの塔」展が目的で上野に行った訳ですが、それだけで帰るのももったいないなぁということで、国立科学博物館で催されていた「大英自然史博物館展」も見学してきました。あの有名な始祖鳥の化石が初来日ということです。ある意味雑多なたくさんの所蔵物が展示されており、これはこれで面白かったです。今の考古学やその関連のいろんな学問の礎になった先人達の活動が興味深かった。やっぱり「売り」は始祖鳥でしたが…。

画像


写真を撮って良い(但しwebへのアップはだめよ〜)ということで、皆さんスマホで写真を撮りまくっておりましたが、ハッキリ言って列の動きが悪くなっていたので禁止にしちゃえばいいのに…と思ったほどでした。始祖鳥の化石は、これを発見した先人の興奮が少し伝わってくるような感じ…。もちろん他にも面白いものがたくさん展示されていますので、考古学系に興味が無い人でも楽しめると思います。お土産は始祖鳥のフィギュアと化石をモチーフにしたコースター。

国立科学博物館はずいぶん久し振り…迷路みたいだった…
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2


タラ夫をゲット…「バベルの塔」展

2017/05/08 00:05
GW前半に東京都美術館で開催されている「バベルの塔」展に行ってきました。ブリューゲルの有名なあの絵ですね。その前に写真中央の変てこりんな存在(これが“タラ夫”です)は何だ!ということになるのでしょうが、説明が結構難しいです。公式サイトを参照戴ければご理解いただけると思います。混雑を予想しオンラインチケットを準備しましたが、GW前半はそれほどではなかったようです。単眼鏡は今回結構役に立ちました。小さい絵が多かったので…。

画像


結構面白かったというのがトータルでの印象。連れ合いも結構面白がっていました。ブリューゲルの「バベルの塔」はあまりじっくり見ることは出来ない(列に並ばされて移動を余儀なくされる)のですが、それでも素晴らしい。お土産は一筆箋に絵葉書にスノードーム(写真左下)にタラ夫のフィギュアです(笑)。フィギュアは買う人居るのかな〜と思って見ていましたが、自分がショップに居た間では自分だけでした(笑)。好きなんだけどなぁ、こういうの。

もちろん“タラ夫”もブリューゲルの絵に登場しています…
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2


第17回ペントレ…その2

2017/05/05 00:05
受付を済ませるといろんな用途に使えるブラックオッチャンコインを2枚戴きました。何ですかそれ?という方は「万年筆評価の部屋」という師匠のブログを参照願います。持って帰っても良いということなので、使わずに記念に持って帰ることにしました。会場では様々な催しものが企画されていましたが、恥ずかしがり屋?(本当は面倒くさがり屋)の自分は参加しないまま帰ってきてしまいました。今思えば筆圧測定はしておけば良かったとちょっと後悔。

画像


相変わらず師匠のブースは混んでいます。欲しい万年筆もありましたが、手が出ないお値段…(泣)。そうこうしているうちに、ベラ・ルーシー・ショー(ベラルーシ製?ルーペ改造)が始まり、皆さん一生懸命ルーペを細工していました。自分は師匠からインド製チビ万年筆をゲット。ドルチェヴィータと比べるといかに小さいか分かるかと思います。可愛いですよね。手に入れたのはこれだけ…というのは嘘でして、しっかり1本逝きました。後日ご報告します。

たまにはたくさんの万年筆に囲まれるのもいいですね…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


第17回ペントレ…その1

2017/05/04 22:00
気持ちの良い天気なので散歩しようと思い立ち、ならばペントレへ行っちゃえということで、ちょっと遠出の散歩をしてきました。お目当ての万年筆がある訳ではないので、午後の少しゆっくりした時間に出発です。両国は久しぶり。さすがに相撲の街だけあって、土俵があったり力士の手形が飾ってあったりします。両国駅を出るとすぐに国技館、右手には江戸東京博物館を通り過ぎて国際ファッションセンターに到着します。この辺で坐骨神経痛が小爆発を起こします。

画像


なんで痛くなったのか、いつも不明なのですが、おそらくここ数日ゴロゴロしていたのが良くなかったのでしょう。長居は出来そうにないのでサクッと見学して帰ることにします。会場のある11階のトイレからはスカイツリーがよく見えました。午後の遅い時間ということもあり、参加者は中くらいの感じです。開場ダッシュの方々はおそらくお帰りになった後かと思います。数年前は開場ダッシュに参加しましたが、その際はもっと混雑していましたので…。

続く…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


GW後半は何しよう…

2017/05/03 00:05
さてと、もうすぐGW後半になるのですが、どこへ行っても混雑でしょうから、基本的には引き籠もり生活でしょうね。ペントレには行きたいけど、軍資金枯渇だし…というか毎年この時期はもっともお金が無い季節なのです。暮れのボーナスがほぼ尽きた頃に開催されるので辛いんですよね。行けば無理して買っちゃうだろうし、目の保養と言っても欲しくなるのが人情じゃあありませんか、旦那…となる訳でいつも迷った末に行かない選択をしています。今年はどうしようかな〜。

画像


引き籠もり生活に備えて、ナイフの自作セットとプラモデルを準備しています。プラモデルは下の箱です、何のプラモデルかは内緒。作らない可能性も大です。結局食っちゃ寝のグータラで終わることも多いので、放置プレイになったプラモデルもたくさんあります(笑)。前回の放置プレイ品を作ればいいのに、また買っちゃうんですよね、アホだから。今年は新しいゲームがありますので、ゲーム三昧になるかもです。何にせよ生産的ではないGW生活。

皆が同時に休むから混む訳で、好きな時に1W休んでいいという制度にならないのかな…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


宇宙の騎士テッカマン

2017/05/01 00:05
ようやく登場した「宇宙の騎士テッカマン」です。長いこと放置プレイしていました(笑)。現時点ではオモチャも結構増えている状況で、ご紹介が追いつきません。そのうちネタ切れにはなるんだろうけど…。テッカマンはかなり好きでしたね。宇宙空間を重力の法則に抗って?飛び回り、敵をバッサバッサと切り捨てる姿はなかなか爽快でした。主題歌だって今でも歌えますもん。但し、物語の基調となっている部分はタツノコらしく?何となく暗い世界観でした。

画像


この辺まで…即ち自分が中学生1〜2年生くらいまでのアニメはかなり記憶がしっかりしています。部活もそんなに真面目にやっていなかったし、生活も規則正しかったので、毎週の放送を逃さずに観ていたんでしょうね。ただ、このテッカマンはずいぶんと尻切れトンボ的な終わり方をした印象がありました。Wikiを読んで納得…要するに視聴率低迷で打ち切られていたんですね。あの頃に限らず、最近でもよくある話です。

最近は面白いアニメに出会えないなぁ…ジジイだからでしょうかね…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


お家で床屋さんごっこ…

2017/04/26 20:05
行きつけの床屋さんに不満がある訳ではありません。もう20年以上通っているし、だいたいこちらの好みを分かってくれるので説明不要で楽です。でも、平日は何かと忙しいので結局土日にしか床屋さんには行けず、前髪が鬱陶しい時など、気分的に直ぐに何とかしたいときには自分で切っています。今まではその辺の普通のハサミで切っておりましたので、当然ながらトラ刈りはしょっちゅうでした。オヤヂですからね、あまり気にせずジョキジョキと…。

画像


先日、いくら気にしないとは言えあんまりだ〜というトラ刈りをやってしまい、やっぱり普通のハサミではダメだなと思って入手したのが写真の床屋さんセット。もちろんプロが使うハサミとは比べ物にならないお値段なのですが、これが結構いいのです。特にすきバサミは素晴らしい。まだ2回くらいしか使っていませんが、すきバサミでだんだんと短くしていくとそれなりです…それなり。後ろは難しいのですが、横と前はこれでいいような気がしています。床屋さんに行くのが減りそう。

床屋さん一回分より安価でしたので、なんか得した気分…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


WWUの戦車たち…その13

2017/04/24 00:05
一式砲戦車のホニIです。なんとなく和名って冗談のような名前のものが結構ありますが、運用当時は何と呼ばれていたんでしょうね。「ホニイチ」とでも呼ばれていたのでしょうか。大日本帝国陸軍にもいわゆる自走砲ってものがあるとは知りませんでした。写真のものですが、いつもの「ドラゴン」や「EASY MODEL」ではなく、「COMFIX」のものですので、何となく細部の詰めが甘いように見受けられます。

画像


フィリピン防衛線では移動トーチカ作戦で活躍したようです。壕の中で待機し、十分に敵を引きつけたうえで連続射撃を行い、突如として砲撃を受けた米軍が位置を特定して素早く反撃できないうちに一式砲戦車は次の壕へと素早く移動する作戦です。この作戦でM4シャーマン戦車をも撃破したそうですからなかなか活躍したようです。まあ、最後は戦力で圧倒的に勝っていた米軍に撃破されるのですが…。現存車輌がアバディーンに展示されているそうです。

Wikiで日本軍の戦車について調べると最後はいつも悲しい…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


MAXかたお

2017/04/19 20:00
これは結構効きます。腰痛持ちでして、坐骨神経痛も併発しておりますので、今までは痛いときはダンベルを腰の下に当ててグリグリやっていたのですが、ダンベルでは固すぎるのと動かしにくいという問題がありました。これは某雑貨店で見かけた瞬間に「イケそう」と思って速攻でAmazonにてポチッ。見かけたのが丁度旅行中だったので、雑貨店で買うと荷物になるということで帰宅後に速攻Amazonです。…Amazon依存症ですな。

画像


この手のグッズは買ってすぐ放置プレイなのですが、珍しく使い続けています。(って、まだ2週間くらいですが…)「やわこ」というのもあり、そちらはテニスボールくらいの硬さ。「かたお」は軟式野球ボールくらいの硬さで、大きさも小さいのと大きいのがあります。「MAXかたお」は当然大きい方です。布団の上では若干効きが甘くなってしまうので畳の上がお勧めです。肩こりにも良さそうです。Amazonレビューでも結構良い評価です。

腰と首筋がつらい方にお勧めかな…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


ペン付き定規(働くボールペンシリーズ15)

2017/04/17 00:05
意表をついて、文具のご紹介。オモチャは卒業です(嘘)。これは「Pen in Ruler」という商品でして、見かけたことのある方も多いのではないでしょうか。なんせ「2016年文具大賞デザイン部門優秀賞受賞」ということらしいですから、たいした代物なんです。また、「働くボールペンシリーズ」は一頃凝って収集し、ブログアップしていたのですが、すっかり飽きて放置していましたので、実に6年ぶりの新規ご紹介となります。

画像


筆記具の軸に目盛りを付加するタイプのペンは何回か見かけましたが、ちょっと実用的ではないと思ってスルーしていました。この商品は発想を逆転して、定規の中にペンを仕込んだところがGoodな感じですね。筆箱の中に放り込んでおけば、以外と役に立ちそうです。ペンがしっかり使いやすいサイズなところがミソ。もっとも最近はあまり定規で線を引くことも無いので、結局は使わないままになってしまうのかなぁ。

目盛りがちょっと見づらいのが難点でしょうか…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


エイリアン…フェイスハガー【閲覧注意】

2017/04/10 00:05
台所で写真撮影の準備をしていたら連れ合いが「うわー、ぎもぢわるい〜、シッ、シッ、あっち行け」…。まあ、仕方がない代物ですね。容器に水を入れて、下部にあるLEDのスイッチをいれると、なかなかリアルなフェイスハガーの登場です。数ある当ブログでのエイリアンネタでもNo.1のグロテスクさです。個人的には結構好きなんだけど、万人に受け入れられる画像ではないでしょうね。なかなか凝ったオモチャですが、結構安価で入手しました。

画像


それにしてもエイリアンはオモチャが豊富です。そのライセンス料だけですごいのではないかと要らぬことを勘ぐったりします。フェイスハガーは皆さんご存知でしょうが、顔に張り付いて体内に幼虫?を埋め込む「さなぎ」のような存在です。生物学的にはどうなんでしょうね。まあ、異星生物ですから既存の生物学の枠にとらわれる必要もなく、その生態は怖ければ怖いほど喜ばれる訳ですね。この形態(生態?)を考え付いた方はすごいです。

ビニール製のテカテカしたファイスハガーを水につけるだけでこんなにリアルになるんですね…
記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4


ゴリューノフ SG-43 SGM 重機関銃

2017/04/03 00:05
なんていうか、古めかしい感じの機関銃ですが、WWUでソ連軍に使用された代物です。なんでこんなものが完成品で売られているのか不思議ですが、買う人間(自分のこと)もいるのですから、まあ商売になるのでしょうね。1/6というビッグスケールで、30cm近くありますのでデカイ。例によって中国製ですからウェザリング塗装が多少粗っぽいですね。この辺がもう少し緻密ならもう少し高価でも買うんだけどな〜というのが率直な感想。

画像


Wikiには「ゴリューノフの手により開発された空冷式重機関銃で、PM1910用の車輪付銃架や三脚もしくは装甲戦闘車両に搭載して使用する。」程度のことしか記載されていませんのであまり詳しいことは分かりません。戦後も東欧や中国でライセンス生産されて使われていたようです。カラシニコフほどではないにせよ、それなりにベストセラーだったのでしょうか。そうでないとオモチャになりませんよね。もちろん、Amazonで見かけるまでは存在を知りませんでしたけど。

埃まみれで届いたので、よっぽど売れ残っていたんだろうな…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


金沢…その3

2017/03/29 00:05
さて最終日。やはりホテルの朝餉を堪能(ここのビュッフェは普通のホテルよりは一段上という印象)し、残しておいた観光スポットのひがし茶屋街へ。記念にお箸を買いたいと連れ合いが言うので夫婦箸を購入しました。途中連れ合いは金箔のソフトクリームを嬉しそうに食べておりました。主計町茶屋街を散策した後、テクテクと近江町市場へ。のど黒って高いお魚なんだ〜などと感心しながらブラブラしました。これでほぼ主な観光地には立ち寄ったことになります。

画像


まあ、2泊3日で金沢市内だけの観光だと時間的にはかなり余裕がある感じです。グータラ行動だったので丁度良かった感じでした。ホテルは風光明媚な立地でもなく、温泉でもないのですが、かなり快適でした。評判がいいのも頷けます。最後は充実した品ぞろえの駅ビルショッピング街でお土産をたんまりと買い込んで(自分ではなく、連れ合い…)、ひゃくまんさん(加賀百万石由来のゆるキャラでしょうね)にお別れしてミッション完了。

しっかり夕飯のお弁当も地物で決めた次第…
記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2


続きを見る

トップへ

月別リンク

GOING SOLO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる