アクセスカウンタ

GOING SOLO

プロフィール

ブログ名
GOING SOLO
ブログ紹介
万年筆やオモチャや身の回り品の話題と、その他日々雑感綴り
zoom RSS

エアロコンセプト・ペンケース

2017/01/16 00:05
数年前のWAGNER仙台大会で、女性会員の方がお持ちになっていたのを見て気になっていたエアロコンセプトのペンケース…ふと思い出して、ふとググってみるとオンラインショップを発見。お値段それなりでしたので少々悩みましたが、気が付いたらポチッ。1本用と2本用でも悩みましたが、1本用の惹句「1本しか入らない。1本しか入れない。」に心動かされて?結局1本用をゲットしました。写真で見るより実物は存在感があります。

画像


久しぶりの文具ネタ…しかもペンケースです。やっぱりこの世界もオモチャとは異なる面白さがあります。こういう逸品を入手するとまた万年筆沼に嵌りそうで怖いような楽しいような…何となく気分が高揚します。このペンケースに似合う万年筆は?という悩みが出てきました。ドルチェヴィータも悪くはないんだけど、ちょっと違うような…という風にあれこれ考える楽しみがありますね。今回はブラックのヌメ皮ですが、次はクロコダイルが欲しい(お値段的にはハードルが高いです)。

ペンケースの世界も奥が深いというか何と言うか…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


聖戦士ダンバイン

2017/01/09 00:05
聖戦士ダンバイン…確か高校生の頃にやっていたアニメの筈です。おそらく部活のせいでちゃんと全話観ることが出来なかった。でも主題歌はよく憶えているのですよね。同僚とカラオケにいくと、だんだんダレてきて最後はアニメソングモードになるのですが、その際によく歌いました(最近はカラオケに行っていませんが)。それまでのロボットの機械的なイメージとは異なる有機的な曲線がなかなか魅力的に思える作品でした。

画像


このフィギュア…2005年?の古いもののようです(新品で入手)。その上、買ってから2年くらい放置されていたのですが、ようやく日の目を見ることに…。アニメよりかなりリアルに作りこまれており、生物的な雰囲気が強くなっております。ちょっと怖いですね。アニメのロボットは「スタジオぬえ」の宮武一貴さんが基本デザインをしています。宮武さんは例の「宇宙の戦士」のパワード・スーツをデザインした方ですので、個人的には思い入れがあります。

最新のCGで映画化されないかな…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6


レプリカ金貨

2017/01/02 00:05
「スパニッシュ・ダラー」という商品名のスペイン製オモチャのコインです。でも、スパニッシュ・ダラーって…「国民通貨にドルの名称を付した国はアメリカだけではないが、その起源は南ドイツの産銀で鋳造された銀貨につけられたターレルで、新大陸アメリカに流入したスペインのターレル銀貨、すなわちスパニッシュ・ダラー が前身である。」とあるので、銀貨なんですよね。となると写真の金貨はなんでしょ。まあ、スペイン製のオモチャですから気にしないことにしよう。

画像


よくTVでトレジャーハンティングの特集などをやっていますよね。海の底に沈むお宝を探す訳ですが、あんな人生も楽しいだろうな〜と夢想したりします。海底から金貨が出てくると大騒ぎで喜んでいますが、本当に嬉しいんでしょうね。文字通り一発当てれば何億またはそれ以上の場合もあるのですから、わからないでもないです。まあ、そんな人生を選べなかった身としては、こんな風にレプリカで遊んでいるのが関の山でしょうか。

小学生の頃、実家の庭に古銭を埋めたんだけど…見つからないまま45年…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


謹賀新年

2017/01/01 00:05
新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。さて、今年はどんな年になるのやら…昨年からいろんな仕事に手を付けているので、今は頭の中がゴッチャゴチャです。そんな状況が続くんでしょうね。ブログの方は毎年年初に「今年で終わりかな」と思うのですが、何とか続いています。さて今年はどうなんでしょうね…ネタ不足が続いているのは事実なんですが、まあ「やれるところまでやる」という感じでしょうか。

画像


新年初回は毎年恒例のミドリ軸からです。昨年唯一購入した「Pent万年筆 シンフォニー アダージオ エメラルド森の精霊 〜Emerald Forest〜」という長い名前の万年筆です。軸は綺麗なんだけど、キャップリングの装飾がイマイチ好みではないんですよね。まあ、軸の綺麗さで許しちゃおう的な感じで購入しました。さて、今年も少なくともWAGNER秋田大会だけは参加して会員資格を維持しなくては…。

今年もよろしくお願い申し上げます…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


2016年を振り返って…万年筆生活

2016/12/31 00:05
毎年恒例の万年筆購入グラフです。2年続けて購入数が1本ですね。このブログでも万年筆ネタの数をオモチャネタの数が追い越してしまいました。もはや万年筆ブログではありません。新しい万年筆情報を入手していないので、好物(デルタ レ・スタジオーニ・コレクション プリマベーラなど)を見逃してしまっています。と言って、興味が無い訳ではなく師匠のブログもしっかり読んでいますし、WAGNER秋田大会にも参加しました。

画像


今も欲しい万年筆はあるのですが…なんせ高価過ぎて手が出ない状況にあります。数を追い求める状況からは脱して、質を求めている…といえば聞こえはいいですが、やっぱり万年筆熱はかなり冷めているというのが冷静な分析結果でしょう。まあお財布的には今ぐらいのスタンスが一番楽ですね。さて来年はどんな年になるのでしょうか。定年が段々と現実感を持って迫ってきておりますので、悔いのない仕事をしていきたいです。

今年も皆さんいろいろ有難うございました。良いお年を…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


憧れの名車…その22…サーブ900ターボ

2016/12/26 00:05
バブル期に確かに一度ブームがありました。自分も憧れとまではいきませんが、「カッコいいかも」と思っていた時期がありました。この無骨さが良かったのでしょうね。より洗練されたサーブ9000などより好きです。9000は一度購入を検討しましたが、やっぱり高すぎて断念した思い出があります。1990年代中盤は週末はというと外車ディーラー巡り。車にずいぶんとエネルギー(お金も)を注いでいた時期です。今は枯れましたけど。

画像


サーブはもともとスウェーデンの企業で、戦闘機などの航空機も製造しており、自動車もその一部門でした。GMが買収した後、リーマンショックで再度破産して「NEVS」という会社が買収しましたが、結局は2017年にその70年の歴史に幕を下ろすようです。何となく寂しいですね。買収が繰り返されたブランドの末路でしょうか。他にもボルボなどが中国企業に買収されていますが、どうなるんでしょうね。日本のブランドは当面大丈夫なのかな?

消えゆくサーブ・ブランドに敬意を表して…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


草薙素子…

2016/12/19 00:05
う〜ん、ポチッちゃったんですよね。入手してからブログアップするか悩みましたので時間が経ってしまいました。美少女フィギュアに手を出してしまった。とは言ってもあの「草薙素子」です。所謂美少女ではないよな〜とは思いつつセクシーな恰好なのでちょい赤面です。攻殻機動隊ARAISEの方の「草薙素子」です。体にたくさんケーブルがささっているので、サイボーグ体なのが分かるんですが…分かんない人には分かんない世界でしょうね。

画像


セクシーな衣装、綺麗なおみ足、キリッとしたお顔…いいんだけど、連れ合いには絶対「あら〜、ついに手を出しちゃったのね!」と思われてしまうでしょうね。なので隠しております。悪いことしている訳ではないんですけど。高校時代にSF漬けだった自分は全身サイボーグの女性戦士のお話しを空想していたのですが、少佐もとい「草薙素子」はその空想を具現化した姿だったと言っても過言ではありません。それだけに思い入れが強いのですよね。

いまのところハリウッド版はどうもピンときません…観てから判断ですね…
記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4


エイリアン…スペース・ジョッキー

2016/12/12 00:05
スーパー・ジョッキーではありませんよ。『スペース』・ジョッキーです(もはやスーパー・ジョッキーというTV番組も忘却の彼方ですが…)。映画「エイリアン」で出てくる謎の宇宙人(というか、化石?)です。オドロオドロしいその姿に、最初に映画を観た時には戦慄が走ったのを憶えております。胸の部分からエイリアンが飛び出した形跡があるのですが、映画のその時点では未だ何でそうなったかは分かっていなかった訳ですね。

画像


このスペース・ジョッキーの謎は後の映画「プロメテウス」で明らかになるのですが…いろいろ不思議なことばかりです。まず、サイズ感が全く異なります。「エイリアン」ではかなり大きな宇宙人だったのですが、「プロメテウス」ではちょっぴり人間より大きいくらい。それにスペース・ジョッキーの姿が宇宙服だったって…ホントかいな!という話です。今思うと「プロメテウス」は???な映画でした。続編が公開されるのもそう遠くないようですから、期待?しましょうかね…。

これで「セット」購入の全4点のご紹介が終わりました…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


IQOS…交換品が届いた\(^O^)/

2016/12/10 09:04
以前、IQOSが壊れたことはご報告しましたが、メールにて交換をお願いしても「レシートが無いからダメ」という厳しい結果に涙をのんだのでした。泣きながら(嘘)知り合いに事の顛末を報告すると、「カスタマーセンターに電話すれば何とかなります。とにかく電話で直接話すのが一番です。」とのアドバイスがあったので、しつこくカスタマーセンターに電話しました。比較的空いていそうな時間帯に電話をかけると何とか繋がりました。

画像


さぁ〜て、頑張って交渉だ!と意気込んだのですが、相手の方はあっさりと「じゃあ交換品を送ります」だとさ。という訳で、実にスムーズに壊れたチャージャーとホルダーの両方の交換品が無事に届いた次第です。拍子抜けしてしまいました。最初からカスタマーセンターに電話すれば良かったのですね。午後2時前後が空いているようです。ということで、IQOS利用者の皆様、「何かあったらカスタマーセンターに電話」です。これ教訓というか正しい対処法として覚えておきましょう。

えっ?知ってた?あっそうですか…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


ロケット…

2016/12/05 00:05
2014年公開の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」に登場する賞金稼ぎ兼傭兵のアライグマ(もちろん遺伝子操作されたという設定)です。このロケット…購入して届いてから暫く箱の中に眠っていました。何となく箱から出すのが億劫だったんですよね。他にもいくつか未開封オモチャがありますが、そのうちに…。ロケットは上記の映画の登場人物の中で一番好きです。個人的にはラストシーンのロケットが可愛かった。

画像


映画の方も結構好きです。スペースオペラのドタバタ劇で、SF小説では時々あるパターンですが、映画でこれほどしっかり作りこまれるのは稀(というか、殆ど記憶にない)のような気がします。映画館(IMAX)で観た方が面白かったでしょうね。さて、写真のロケットは1/6の精密なフィギュアです。服も布製ですし、ひげまでもが緻密に再現されています。銃の造形もなかなか素晴らしい。残念なのは飾るスペースが無いこと…。

続編も来年公開のようですので楽しみです…
記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


エアバス ベルーガ

2016/11/28 00:05
戦闘機や爆撃機などをご紹介してきましたが、たまには民間用飛行機を…と思って探していました。なかなか、わがブログらしいものが見つからずに苦戦していたのですが、写真のエアバス ベルーガを見た瞬間に「これだ!」と思った次第。この異形の飛行機ですが、組み立て中の飛行機を運ぶための飛行機です。遠目で見るとまさに「ベルーガ=シロイルカ」に見えますね。全部で5機が就航中とのことで、写真は1番機となります。

画像


ベルーガは欧州各地で分担して生産されたエアバス機のパーツを最終組み立て地へ輸送する任務についており、飛行機を作るための飛行機と言われていますが、チャーターされて宇宙ステーションの実験棟を運搬したりもしているそうです。この模型は1/200ですが、手持ちの1/200の飛行機の中ではもちろん一番大きいです。でも何となく愛嬌のある姿が気に入って、ちゃんと飾る場所を見つけてあげました。いい感じ…。

さすがに学習してきており、先に飾る場所を考えてからオモチャを買うようになりました…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


仮面ライダーBLACK RX シャドームーン

2016/11/21 00:05
Wikiを読んだのですが、…何のことやらさっぱり分からない「仮面ライダーBLACK RX シャドームーン」なのでした(笑)。よく分からないのにオモチャ買うなんて…とファンの方に叱られそうです。どうも仮面ライダーBLACK RXに出てくる敵の仮面ライダーがシャドームーンということのようです。敵の仮面ライダーにしてはカッコよすぎるような気がしますが、どうなんでしょう。もっとオドロオドロしい方が敵っぽいように思うのですが…。

画像


まあ、関連グッズ売り上げを考えると、敵もカッコ良くした方がいいということなんでしょうかね。自分は写真の通り、以前にご紹介したKawasaki Ninja H2R(参照)とコラボレーションしたくて購入したのでした。双方ともワンポイントがグリーンということで、なかなか似合います。サイズ感ピッタリでちゃんとバイクに乗車した状態を再現出来ています。実はこの組み合わせ、H2RのAmazonレビューに写真を投稿していた方のパクリです。すいません(笑)。

Amazonレビュー投稿者の方のほうが写真の腕は数段上です…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


IQOS…壊れすぎだよ!!

2016/11/15 19:50
煙草からIQOSに切り替えたのが4月です(参照)。半年は概ね順調だったのですが、10月にまずはホルダー(写真の小さい方)のブレードがポキン。このホルダーにタバコみたいなものを差し込んで吸うのですが、ブレードに刺さって加熱してニコチンを摂取できる仕組み。…なので致命的です。カスタマーサービスの電話は全く繋がらず、メールで交換要求するも「レシート無いのでダメ」…トホホ。保証書はあるし、製品登録もしたのですが、購入したコンビニのレシートなんて…捨てますわ。とりあえず予備機で使用中。

画像


11月には今度はチャージャー(写真の大きい方)の蓋が閉まらなくなってしまいました。蓋が閉まってホルダーに1回分を充電する役目のチャージャーです。蓋が閉まらないなんて…ダメダメです。これも予備機に切り替えようかと思ったのですが、何とも悔しくてゴムバンドで蓋を固定しております。しかし、立て続けにこう壊れるとイヤになってしまいますね。設計的な問題が多々ありそうです。代わりを買うにも品薄でテンバイヤーの高値品に手を出すしかない。これからIQOS切り替えを考えている皆さん、良く壊れますので覚悟しましょう。

だから煙草(IQOS含む)なんて止めなさいって言ったでしょ!という非難が聞こえてきそう…
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4


カエルくん

2016/11/14 00:05
みうらじゅん…好きだというには憚れますが、嫌いではないんですよね。エッセイなど、長旅のお伴に丁度良い感じで、例えば片道2時間とするとほぼ読み切ってしまいます。新幹線の中などで重い小説を読む気にはあまりなれないので、そういう意味でも「丁度良い」。途中クスクスしそうになるのを抑えるのに必死な時もありますが…。みうらじゅん、安齋肇、いとうせいこう…マルチクリエイター…要するに何やって食っているのか分からない人たちです。

画像


その「みうらじゅん」デザインのカエルくんです。何を表現したいか分からないカエルくん、結局そこには何もないかもしれないカエルくんです。でも好き…。これは日曜朝の番組でちらっと見かけた時に欲しくなってしまったんですよね。他の牛なんちゃらとか天狗なんちゃらの人形はおいといて、やっぱりカエルくんダントツです。10年以上前の人形でしたので探すのが大変でした。結局要らない牛なんちゃら込みの5点セットでゲット…。

「マイブーム」とか「ゆるキャラ」は彼の造語だそうです…
記事へ面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2


Amazonで靴を買う

2016/11/09 20:20
なかなか自分としてはチャレンジングだと思ったのですが、何せ種類が豊富なもので試しにポチッ。見事に失敗でした。サイズが全然合わない。実は以前にもAmazonで買ったことはあるのですが、その時は事前に靴屋さんでサイズ感を確認(とあるメーカーの欲しいデザインのものが靴屋さんに無かったので同じメーカーのデザイン違いで確認)。さすがに初めてのブランドの靴を買うのはどうかな〜と思ったのですが、心配していたことが現実になったのでした。

画像


でもそこからがAmazonのすごいところ。「返品」ボタンを押すと、ちゃんと送り先が表示されて、それを印刷して箱に貼ればいいようになっています。靴などは返品無料ですから、指定された着払いのURLをクリックして住所を入力すれば全て完了…後は取りに来るのを待つだけ。実にシステマチック。決して全面賛成ではないのですが…もはや靴や服飾品でさえもネットかな。サイズ問題がこんなに簡単にクリア…。もはや当たり前なんでしょうが、妙に感慨深いものがありました。

ショッピングモールが無くなる日がくるのでしょうか…
記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


WWUの戦車たち…その11

2016/11/07 00:05
ソ連軍の重戦車KV-2です。152mm榴弾砲を搭載した回転砲塔を装備するその巨体ゆえに、ドイツ兵からは「ギガント(巨人)」と呼ばれたそうです。ちなみにソ連の戦車兵からは親しみを込め、「ドレッドノート」と呼ばれたとのこと。機動性と信頼性はイマイチだったようであまり多くは製造されなかったようです。写真のKV-2はドイツ軍が鹵獲し、Pz. Kpfw.KW-2 754(r)の名称で使用したものです。そのためドイツ軍のマークが付されています。

画像


もちろん「ガールズ&パンツァー(ガルパン)」にも登場するようで、劇中に登場する冬塗装版はすぐに売り切れておりました。もっとも、上記アニメのお蔭でマイナーな戦車も模型で発売されるようになったので、有難い側面もあります。一度だけアニメ「ガルパン」をAmazonプライムで観賞しましたが、なかなか面白かったです。甥っ子も好きなようで、やたら戦車に詳しくなっておりました。萌え+ミリタリー…恐るべし。

このシリーズでガルパン登場の全戦車を網羅するのは不可能と思われます…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


ガラモン

2016/11/03 00:05
ウルトラQに出てくるガラモンです。何となく懐かしくなってお手頃価格でしたので入手したのですが…ちっさいです。ちっさいけれど造形の方はしっかりしています。グリコのおまけサイズなんですから、造形くらいはしっかりして貰わないと…。ガラモンの名は、隕石のことを指す方言の「ガラダマ」の怪獣=ガラダマモンスターが由来となっているそうです。けれどもウルトラQでのガラモンの話はあまり記憶にないのですよね〜。

画像


ガラモンに愛着があるというより、ウルトラマンに出てくるピグモンの方に愛着があるというのが正しいですね。ピグモンはガラモンの着ぐるみを流用したようです。結構いい奴だったんですよね、ピグモン。Wikiに拠ると、『ガラモンと姿が同じであるため、何らかの関係があるのではないかとも指摘されることが多いが、円谷プロの公式見解では「他人の空似」となっている』だそうです。「他人の空似」なんだって…プププ。

このシリーズ、小さくて出来がいいので、ちょこちょこ買ってしまいそう…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


キアヌ君の椅子?

2016/10/31 00:05
キアヌ・リーブスのファンの方にはお詫び申し上げます。最初に謝っちゃう。写真は「悲しきキアヌ」という3Dプリンターで作った人形で、本ブログ登場2回目です。1回目はこちら。この人形の背景などは1回目で述べておりますので割愛します。ずっと仕舞い込まれたままでしたので、飾ってあげるための椅子を探していた(参照)のですが、なかなかいいものが見つかりませんでした。公園のベンチの模型などで丁度いいものがあればいいな…と思っていたのですが。

画像


かなり前に甥っ子にふざけて「俺たちの洋式便所」というプラモデルをあげたのですが(アホな叔父さん!)、先日帰省した際にその完成品を見かけてピンときました。そこで早速その「俺たちの洋式便所」を再度購入してサクサクと完成させた次第なのですが…なんということでしょう、あまりにもピッタリです。ヒンシュクを買うことは分かっていても、ブログアップの誘惑には打ち勝てませんでした。ご容赦ください…。これで飾れます(って、やっぱりアホですね)。

殆ど無いに等しかった当ブログの品格が…これで完全に無くなりました…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


コルト 1911

2016/10/24 00:05
[WAスーパーリアルガン]シリーズから「ゲッタウェイ」モデルを入手しました。何度かオモチャのピストルをご紹介してきましたが、再三申し上げている通り、自分は銃器マニアではありません…たぶん…。このピストルはあくまでも映画プロップとしての購入です。マックイーン版の「ゲッタウェイ」は観ましたが、正直申し上げてピストルにまでは注意を払っておりませんでした。気になるのなら、もう一度観るしかないような…。

画像


それにしても樹脂とは思えないリアルさですし、使い古された感じも良く出ています。重量も0.9kgで実銃の1.1kgに近いものがあります。かなり重いので、それがまた金属感を醸し出しています。グリップの指が触れる部分が凹んでいたりと、凝りに凝った仕様です。…その分がお値段にも反映されておりますが…。TV「世田谷ベース」でも紹介されていました。その時から欲しかったのですが、資金のほとんどを万年筆に注入していた頃ですので、今になってようやくゲットした次第。

「ダイハード」のベレッタも欲しくなったりして…
記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4


父の作陶

2016/10/18 21:38
毎年10月は父の命日ということで墓参りに仙台の実家に帰省します。今年も帰省しましたが、天気が良くて気持ちの良い2日間でした。何といっても風が爽やかでした。奮発してウェスティンホテルに宿泊(実家は狭いのでいつもホテル泊…)しましたが33階からの眺めが素晴らしかった。とまあ、前置きはこのくらいにして、写真の物体ですが、父が三重県に単身赴任していた頃に作ったもののようです。確かにその頃ずいぶん陶芸に凝っていたようです。

画像


5cm四方程度の大きさで、箸置きにはデカイし、小皿には小さい…。要するに使い道が思い浮かばないのですが、綺麗なので貰ってきました。姉が実家の大掃除をした際に沢山の作品を「発掘」したそうで、捨てるにも捨てられず、持っていけというので、一番小さいのを貰ってきた次第。それでも5枚あるので結構重かった。ミドラー(…懐かしい言葉!)ですからこの色は好きですね。絵は結構上手でしたが、作陶は???です。手先は器用だったようですが(参照)。

父が作陶していたのは自分の今と同じ年頃…こちとらはオモチャ集めという子供っぽい趣味です…トホホ…
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


続きを見る

トップへ

月別リンク

GOING SOLO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる