アクセスカウンタ

GOING SOLO

プロフィール

ブログ名
GOING SOLO
ブログ紹介
万年筆やオモチャや身の回り品の話題と、その他日々雑感綴り
zoom RSS

お家で床屋さんごっこ…

2017/04/26 20:05
行きつけの床屋さんに不満がある訳ではありません。もう20年以上通っているし、だいたいこちらの好みを分かってくれるので説明不要で楽です。でも、平日は何かと忙しいので結局土日にしか床屋さんには行けず、前髪が鬱陶しい時など、気分的に直ぐに何とかしたいときには自分で切っています。今まではその辺の普通のハサミで切っておりましたので、当然ながらトラ刈りはしょっちゅうでした。オヤヂですからね、あまり気にせずジョキジョキと…。

画像


先日、いくら気にしないとは言えあんまりだ〜というトラ刈りをやってしまい、やっぱり普通のハサミではダメだなと思って入手したのが写真の床屋さんセット。もちろんプロが使うハサミとは比べ物にならないお値段なのですが、これが結構いいのです。特にすきバサミは素晴らしい。まだ2回くらいしか使っていませんが、すきバサミでだんだんと短くしていくとそれなりです…それなり。後ろは難しいのですが、横と前はこれでいいような気がしています。床屋さんに行くのが減りそう。

床屋さん一回分より安価でしたので、なんか得した気分…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


WWUの戦車たち…その13

2017/04/24 00:05
一式砲戦車のホニIです。なんとなく和名って冗談のような名前のものが結構ありますが、運用当時は何と呼ばれていたんでしょうね。「ホニイチ」とでも呼ばれていたのでしょうか。大日本帝国陸軍にもいわゆる自走砲ってものがあるとは知りませんでした。写真のものですが、いつもの「ドラゴン」や「EASY MODEL」ではなく、「COMFIX」のものですので、何となく細部の詰めが甘いように見受けられます。

画像


フィリピン防衛線では移動トーチカ作戦で活躍したようです。壕の中で待機し、十分に敵を引きつけたうえで連続射撃を行い、突如として砲撃を受けた米軍が位置を特定して素早く反撃できないうちに一式砲戦車は次の壕へと素早く移動する作戦です。この作戦でM4シャーマン戦車をも撃破したそうですからなかなか活躍したようです。まあ、最後は戦力で圧倒的に勝っていた米軍に撃破されるのですが…。現存車輌がアバディーンに展示されているそうです。

Wikiで日本軍の戦車について調べると最後はいつも悲しい…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


MAXかたお

2017/04/19 20:00
これは結構効きます。腰痛持ちでして、坐骨神経痛も併発しておりますので、今までは痛いときはダンベルを腰の下に当ててグリグリやっていたのですが、ダンベルでは固すぎるのと動かしにくいという問題がありました。これは某雑貨店で見かけた瞬間に「イケそう」と思って速攻でAmazonにてポチッ。見かけたのが丁度旅行中だったので、雑貨店で買うと荷物になるということで帰宅後に速攻Amazonです。…Amazon依存症ですな。

画像


この手のグッズは買ってすぐ放置プレイなのですが、珍しく使い続けています。(って、まだ2週間くらいですが…)「やわこ」というのもあり、そちらはテニスボールくらいの硬さ。「かたお」は軟式野球ボールくらいの硬さで、大きさも小さいのと大きいのがあります。「MAXかたお」は当然大きい方です。布団の上では若干効きが甘くなってしまうので畳の上がお勧めです。肩こりにも良さそうです。Amazonレビューでも結構良い評価です。

腰と首筋がつらい方にお勧めかな…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


ペン付き定規(働くボールペンシリーズ15)

2017/04/17 00:05
意表をついて、文具のご紹介。オモチャは卒業です(嘘)。これは「Pen in Ruler」という商品でして、見かけたことのある方も多いのではないでしょうか。なんせ「2016年文具大賞デザイン部門優秀賞受賞」ということらしいですから、たいした代物なんです。また、「働くボールペンシリーズ」は一頃凝って収集し、ブログアップしていたのですが、すっかり飽きて放置していましたので、実に6年ぶりの新規ご紹介となります。

画像


筆記具の軸に目盛りを付加するタイプのペンは何回か見かけましたが、ちょっと実用的ではないと思ってスルーしていました。この商品は発想を逆転して、定規の中にペンを仕込んだところがGoodな感じですね。筆箱の中に放り込んでおけば、以外と役に立ちそうです。ペンがしっかり使いやすいサイズなところがミソ。もっとも最近はあまり定規で線を引くことも無いので、結局は使わないままになってしまうのかなぁ。

目盛りがちょっと見づらいのが難点でしょうか…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


エイリアン…フェイスハガー【閲覧注意】

2017/04/10 00:05
台所で写真撮影の準備をしていたら連れ合いが「うわー、ぎもぢわるい〜、シッ、シッ、あっち行け」…。まあ、仕方がない代物ですね。容器に水を入れて、下部にあるLEDのスイッチをいれると、なかなかリアルなフェイスハガーの登場です。数ある当ブログでのエイリアンネタでもNo.1のグロテスクさです。個人的には結構好きなんだけど、万人に受け入れられる画像ではないでしょうね。なかなか凝ったオモチャですが、結構安価で入手しました。

画像


それにしてもエイリアンはオモチャが豊富です。そのライセンス料だけですごいのではないかと要らぬことを勘ぐったりします。フェイスハガーは皆さんご存知でしょうが、顔に張り付いて体内に幼虫?を埋め込む「さなぎ」のような存在です。生物学的にはどうなんでしょうね。まあ、異星生物ですから既存の生物学の枠にとらわれる必要もなく、その生態は怖ければ怖いほど喜ばれる訳ですね。この形態(生態?)を考え付いた方はすごいです。

ビニール製のテカテカしたファイスハガーを水につけるだけでこんなにリアルになるんですね…
記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4


ゴリューノフ SG-43 SGM 重機関銃

2017/04/03 00:05
なんていうか、古めかしい感じの機関銃ですが、WWUでソ連軍に使用された代物です。なんでこんなものが完成品で売られているのか不思議ですが、買う人間(自分のこと)もいるのですから、まあ商売になるのでしょうね。1/6というビッグスケールで、30cm近くありますのでデカイ。例によって中国製ですからウェザリング塗装が多少粗っぽいですね。この辺がもう少し緻密ならもう少し高価でも買うんだけどな〜というのが率直な感想。

画像


Wikiには「ゴリューノフの手により開発された空冷式重機関銃で、PM1910用の車輪付銃架や三脚もしくは装甲戦闘車両に搭載して使用する。」程度のことしか記載されていませんのであまり詳しいことは分かりません。戦後も東欧や中国でライセンス生産されて使われていたようです。カラシニコフほどではないにせよ、それなりにベストセラーだったのでしょうか。そうでないとオモチャになりませんよね。もちろん、Amazonで見かけるまでは存在を知りませんでしたけど。

埃まみれで届いたので、よっぽど売れ残っていたんだろうな…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


金沢…その3

2017/03/29 00:05
さて最終日。やはりホテルの朝餉を堪能(ここのビュッフェは普通のホテルよりは一段上という印象)し、残しておいた観光スポットのひがし茶屋街へ。記念にお箸を買いたいと連れ合いが言うので夫婦箸を購入しました。途中連れ合いは金箔のソフトクリームを嬉しそうに食べておりました。主計町茶屋街を散策した後、テクテクと近江町市場へ。のど黒って高いお魚なんだ〜などと感心しながらブラブラしました。これでほぼ主な観光地には立ち寄ったことになります。

画像


まあ、2泊3日で金沢市内だけの観光だと時間的にはかなり余裕がある感じです。グータラ行動だったので丁度良かった感じでした。ホテルは風光明媚な立地でもなく、温泉でもないのですが、かなり快適でした。評判がいいのも頷けます。最後は充実した品ぞろえの駅ビルショッピング街でお土産をたんまりと買い込んで(自分ではなく、連れ合い…)、ひゃくまんさん(加賀百万石由来のゆるキャラでしょうね)にお別れしてミッション完了。

しっかり夕飯のお弁当も地物で決めた次第…
記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2


金沢…その2

2017/03/28 00:05
ホテルで朝食を済ませて、ゆっくりとした時間に出発です。ガツガツと観光地巡りをするのは苦手なんですよね。基本はグータラですから…。で、まずは兼六園。なにより苔がすごい。北陸の地ゆえの植生でしょうか。梅も見ごろで綺麗でした。金沢城に寄って、県立美術館でお茶をします。ここのカフェは有名らしく、ケーキが美味しかったです。それから二十一世紀美術館に立ち寄ります。有名なプール(プールの下にも行ける)は工事中だったようで残念。

画像


この日の最後は写真無しですが、尾山神社。前田利家ゆかりの神社です。個人的には結構気に入った場所です。是非お立ち寄りを。夕飯まで時間があったので一旦ホテルに戻って、またまたまったりします。コンセプト通りの行動…。夕飯は金沢駅近くの「テーブル・ナナ」でイタリアン。二日連続で海鮮は飽きるだろうと思ってのチョイス。ピザが美味しかった。パスタも美味しかったのですが、二人とも食べ過ぎ。比較的、食も充実した旅でした。

ワインのせいでバタンキュー…。
記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0


金沢…その1

2017/03/27 00:05
勤務先では5年に1度、1週間のお休みが取れる制度があり、その一部を使って金沢小旅行を敢行しました。北陸には一度も行ったことが無いので、まあ新幹線も開通したし、行ってみようかということで連れ合いと出かけた次第。コンセプトは「ホテルでまったり+ちょこっと観光」です。2泊3日の行程でしたが、雨に降られることもなく(但し、寒かった…)概ね目的は達成した旅でした。ホテルは「彩の庭ホテル」という住宅街にあるホテル。

画像


まずは武家屋敷を散策しました。まあ金沢らしい場所ですよね。雰囲気が良かったです。そこからテクテクとにし茶屋街に向かいます。お目当ては甘納豆屋さんで、連れ合いはたくさん買い込んでおりました。夕飯はやはりお寿司にしようということで、「シンセン」というお店で頂きました。のど黒のお寿司が美味しかったなぁ。ふぐの白子の天ぷらなど、なかなかな贅沢な食事をして初日は終了。あとはホテルでまったりと過ごしました。

(お酒を)飲み過ぎると2日目がつらいだろうということで自重しました…
記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4


憧れの名車…その23…グラン・トリノ スポーツ

2017/03/20 00:05
そうです、グラン・トリノは2回目なんですよね。前回は→参照。今回はグラン・トリノ「スポーツ」なんで、多分映画「グラン・トリノ」に出てきた車です。さっさと発売してくれればいいものを、今になって出すから2度手間になってしまった(笑)。映画を観てからずいぶん探したんですよね。いろいろ探したのをだんだん思い出してきた。結局ebayにもどこにもなくて、当時は諦めてグリーンのグラン・トリノ(スポーツが付かないやつ)を入手したのでした。

画像


前にも書きましたが、1970年代の大味なアメリカンクーペ…映画に出てこなかったら欲しいとは思わなかったものを2台も買ってしまった。とは言え、映画に忠実な方もゲットできたのは素直に嬉しいです。主人公の偏屈な爺様がまさにダブルイメージとなる「グラン・トリノ スポーツ」です。その偏屈な爺様はまたクリント・イーストウッドそのものなのかもしれません。この映画で何を表現したかったのか…少し分かったような気がします。

「憧れの名車」シリーズも細々と続いております…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


母の思い出

2017/03/17 00:05
もうすぐ母の命日です。過去には母の存命時の事柄などもこのブログに記しましたので、ブログを始めてから亡くなったのですが、そのことを書く気にはなれませんでした。読まれる皆さんは別に知りたくもないだろうと思ってのことです。でもこのブログは多少自分にとっての備忘録的な役目も果たしておりますので、今日は何となく書いています。まあ何でもアリの気ままなブログですから、爆弾ネタの次が「母の…」ときたもんだ(笑)。ご容赦を…。

画像


写真はクリスチャンだった母の唯一の形見の十字架です。無宗教の自分としては、もう少し宗教色の無いものの方が良かったのですが、女性の持ち物ってピンとくるものが何も無いんですよね。達筆でしたが、安物ボールペンしか使わなかったし…。この十字架は自分の机上に置いてありますので、母のことを思い出すのには役立っています。父が家のことを全部母に任せていましたから、我が家の中心にいつも居た人。平均寿命より長生きして、しかも元気で過ごし、自宅の畳の上でポックリという羨ましい最後でした。

父のことは何回か書いたので、母のこともたまには記しておこうと思います…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


V-1飛行爆弾

2017/03/13 00:05
V-1(FIESELER Fi103)飛行爆弾です。作ったのはWWU下のドイツ軍です。パルスジェットエンジンで推進する爆弾です。今でいう巡航ミサイルですね。戦績は、全8,564発中1,912発(22%)はイギリス戦闘機により撃墜、1,578発(18%)が対空火器によって撃墜、278発(3%)は阻塞気球に衝突し、結局ロンドンに到達したのは2,340発だそうです。決定的ではなかったようですが、それなりの打撃は与えたという感じでしょうか。

画像


写真のものはプラモデルです。久しぶりに製作しました。実は例によって完成品を購入したのですが、1/18という縮尺がどうも気になって大きさを調べたらなんと45cm!?いうビッグサイズ。これはとても我が部屋には置けないと思って、完成品はキャンセルして安価だったプラモデル(1/48)製作に挑戦しました。上下で色を塗り分けなければならないのですが、スプレーによるグラデーションでの塗り分けは難しかったです。実力を考えるとまあまあの出来かな。

コンセプトが似て非なる日本軍の「桜花」を思い出してしまいますね…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


WWUの戦車たち…その12

2017/03/06 00:05
戦車にも少々飽きてきました。WWUではなく、現代の戦車にも目を向けてみようかと思い始めています。ただ、WWUの戦車にはいろいろ付随した物語があって、なかなか興味深いものがありますのでやっぱり続けるのかなぁ…。で、写真はM26パーシングです。「我がアメリカ軍もこのままティーガー戦車にやられっぱなしではイカン。早く対抗できる戦車を開発するんだ。」と偉い人が言った(半ば妄想です)とかで開発された戦車です。

画像


大戦末期の戦車ですから、何となく洗練されてきた感じがして、現代戦車に通ずるデザインですね。事実、WWU後の朝鮮戦争で活躍したそうです。もっともWWUでは投入が遅れたためにあまり活躍できなかったそう。M4シャーマン戦車の3倍の総合力があったとされています。主砲の50口径90mm砲はドイツ軍重戦車に対抗できる威力を持っていました。もっと早く前線に送り込まれていれば、戦局も変わったのでしょうが、そういう「たられば」はよくある話です。

もちろん例に洩れず「ガールズ&パンツァー」に登場します…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


鉄道模型…ミニジオラマ

2017/02/27 00:05
以前ご紹介したNゲージの電気機関車の模型(参照)は、このミニジオラマに使うために購入したのでした。小さいジオラマですが、それなりに良く出来ており満足しております。こういうジオラマを比較的安価?で作ってくれるところに注文を出した次第です。いろいろな種類のジオラマを作ってくれるのですが、あまり大きいものは置く場所がないので無理。一番小さいと思われる、このサイズ(13cm×23cmくらい)なら何とか飾れます。

画像


もちろん、電飾も込みで作ってくれました。何となく懐かしい風景ですが…操車場でしょうかね、詳しい説明はなかったので推測です。お人形さんも二体配置されておりますが、分かりますか。こういうものを入手すると、今度は実際動かせるジオラマが欲しくなってしまいます。さすがにどんなに小さいものでも今はスペース的に無理ですね。う〜ん、悔しいけど諦めよう…。我が部屋が狭いお蔭で鉄道模型の深い沼には入り込まずに済みそうです(笑)。

高い所にしか飾れなかったのでよく見えない(泣)…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


合体!…グロック18C(その2)

2017/02/20 00:05
2週続けて、オモチャの鉄砲ネタです。前回とはまた違って、ちょっと大げさ感が薄れてシャープな感じになったでしょうか。こうやって遊びたくていろいろ散財してしまいました。ちょっぴり後ろめたさはあります。銃器マニアではないのですが、結構面白いですね。昔はサバイバルゲームをしていましたが、この歳ではさすがにちょっと…。使い道は無いですね。まあ、所詮オモチャですから、あり得ないような組み合わせになっているかと思います。

画像


先っぽにはサプレッサー(消音器)の代わりにフラッシュハイダー(消炎器)を取り付けてみました。基本的にはアサルトライフル用であり、ハンドガンには付けないと思います(本当のところは知らない)。上部にはオープンタイプのダットサイト(照準器)。これはハンドガンにも取り付けられることはあるようです(昔雑誌で見かけたような…)。まあ、何にせよ、これ以上エスカレートはしないと思います。財布が軽くなってしまいましたので…。

嫌いな方には申し訳なかったですが、2週続けての(オモチャの)銃器ネタでした…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


何だ、これは?E

2017/02/19 00:05
ルーペでしょうかね?

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


何だ、これは?D

2017/02/18 00:05
もうお分りでしょうが…。

画像

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


合体!…グロック18C

2017/02/13 00:05
なかなかスパルタンな外観になったグロック18Cです。東京マルイの電動ガンに既にご紹介したオプションパーツ類を取り付けた姿です。この「合体」がやりたかっただけで大枚はたいて電動ガンやオプションパーツを買ってしまいました。ハンドガンの電動タイプは初めてです。マシンガンのような連射が出来るのですが、ブローバックはさすがにしません。なので、写真の姿は「架空」のものになります。スライドにマウントレールを直付けすることは実際には出来ない筈。

画像


下についているのはフラッシュライトです。暗闇で相手の目を眩ますことが目的の代物。本物はかなり明るいのですが、所詮オモチャですのでそれほど明るくないです。先っぽにはサプレッサー…消音器ですね。オモチャでも音はそれなりに静かになります。上についているのはダットサイト。アサルトライフル用ですので、でかくてゴツイです。これだけは昔から持っていました。スコープのような望遠機能は無く、光学的な照準器となります。以上でご紹介終わり!

「合体」で満足してしまった…甥っ子にあげようかな…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5


何だ、これは?C

2017/02/12 00:05
スコープのようですが、違います。

画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


何だ、これは?B

2017/02/11 00:05
ギザギザは何に使うんでしょう。

画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


続きを見る

トップへ

月別リンク

GOING SOLO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる