GOING SOLO

アクセスカウンタ

zoom RSS たまには詩なんぞを読んだりして…

<<   作成日時 : 2011/02/04 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

そう、顕微鏡です。プレパラートに谷川俊太郎の詩が微細刻印されていて、何故か顕微鏡で読むキットなのです。その面白さに惹かれて入手。5編の詩を読みましたが…嫌いではないです。それ以上は、「詩」に造詣が深くないので上手く語れません。若い頃はちょっと文学青年を気取って、ランボー、リルケ、アポリネールなどなど…詩集を買って時々パラパラ捲っていましたが、全般的な印象としては日本語訳が何となく古臭く感じられて、のめり込むまでには至らなかった。

画像


で、顕微鏡…赤い外観がイイです。ただ、「詩」のおまけの顕微鏡ですから、作りは安っぽい…。でも、ちゃんと使えます。プレパラート上の刻印文字が読めた時は、ちょっと嬉しい…その感覚の延長上にあるような詩でした。万年筆のペン先が見えないかな〜と思って挑戦して見ましたが、下から光をあてる訳ですから、輪郭しか見えません。他にも何か試してみましょう。何れにせよ、「顕微鏡を覗く」という感覚は、実に懐かしいものでした。

こういうものを思いつく発想って、決して商業主義の産物ではないのでしょうね…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
これいきましたか〜。コンセプトが面白いですよね。私も2回ほど買い物カゴに入れたのですが決済に至りませんでした。アポリネールは詩よりも「一万一千本の鞭」の方が内容を良く覚えてたりして(恥)。貧乏教師の元に育ったのでブレヒトあたりが好みだったりします。
ペコ
2011/02/05 05:09
ペコさん、おはようございます〜。
うーん、買わなくて正解かも(笑)。10分もあれば読み終わってしまうので…。ただ、顕微鏡にはライトが付いていて、真っ暗な部屋で読んだなら、また違う趣がありました。
「一万一千本の鞭」…すごいの読んでいますね。アポリネールは「されどわれらが日々」に出てくる一節が今でも印象に残っています。
Itomoro51
2011/02/05 11:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
たまには詩なんぞを読んだりして… GOING SOLO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる