GOING SOLO

アクセスカウンタ

zoom RSS デルタウイング

<<   作成日時 : 2015/11/30 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

何とも独創的なデザインのレーシングカーです。まるでバットモービルのようですね。この車はインディ・カーおよびル・マン24時間レースの参戦向けに開発されたのですが、そこに至るストーリーはなかなか面白かったです。ネットの動画でその開発ストーリーを観たのですが、どこだったかなぁ〜。YouTubeでは無かったような…。スポンサーが付くか付かないで天国と地獄…結局、日産がスポンサーになって開発が継続できるというお話でした。

画像


2012年のル・マン24時間レースでカーナンバー0番を付け、賞典外参加としてデビューしましたがリタイア。続いて同年ロード・アトランタで行われたアメリカン・ル・マン・シリーズのプチ・ル・マンに参戦し、予選ではまあまあでしたが、賞典外という理由で決勝では最後尾スタート。けれども総合5位にまで上がってレースを終えたそうです。多分そのとき車体デザインが写真のものと思われます。最近は市販化を検討しているとのニュースがありました。

レーシングカーの開発って楽しいだろうなぁ…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
市販車計画のフォルムを拝見しました。
鳥のくちばしのようで、かなり微妙ですね。
ヤッター万
2015/11/30 08:58
ヤッター万さん、こんばんは。
そうなんですよね、市販するデザインなるものは正直申し上げて「カッコイイ」とは思えないんですよね。
Itomoro51
2015/11/30 17:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
デルタウイング GOING SOLO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる