GOING SOLO

アクセスカウンタ

zoom RSS 憧れの名車…その20…マスタング マッハ1

<<   作成日時 : 2016/06/20 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

懐かしいですね…マスタング マッハ1。中学生の頃、外車が好きで、街で見かけた外車を全てメモするというようなアホなことをやっていました。よく見かけたのはビートルなどですが、マッハ1も時々見かけました。アメリカのマッスルカーでそんなに高価ではなく?「それなりに」カッコ良かった。それにしてもデカイ車だった印象があります。1970代のオイルショック期にどんな人達が乗っていたんでしょうね。

画像


写真は1971年モデルでおまけに赤ですから、007の映画「ダイヤモンドは永遠に」のボンドカーとなったマッハ1です。1973年モデルが『バニシングin60″』で主役のエレノアとして約40分間のカーチェイスシーンがある黄色のマッハ1とのことですが…映画を観たのかどうか記憶が曖昧です。映画名には憶えがあります。しかし映画とマスタングと言えば、個人的には初代マスタングの登場する「ブリット」の印象が強いです。

中学時代の外車好きは一種の「中二病」だったのでしょうかね…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
コテコテのアメ車ですね(笑)
若いころはアメリカのビックスリーと日本車の対立構造があって、アメ車はなんとなく好きになれませんでした。
大きすぎてデザインも大雑把というのも要因ですが・・・。
外車は欧州車に憧れていましたね。
ヤッター万
2016/06/20 08:15
ヤッター万さん、こんばんは。
小生もやはり欧州車に憧れました。「サーキットの狼」に出てきたのは欧州車ばかりでしたから。大学時代は乗せてもらったアルファロメオに憧れましたね〜。今でも憧れはあります。
Itomoro51
2016/06/20 22:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
憧れの名車…その20…マスタング マッハ1  GOING SOLO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる