GOING SOLO

アクセスカウンタ

zoom RSS WWUの戦車たち…その9

<<   作成日時 : 2016/07/04 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

現在でも世界最重量と言われるドイツ軍の[号戦車「マウス」です。188トンもあったそうです…ってピンときませんが、ティーガーTが57トンですからそれを考えると超重戦車と呼ばれるだけのことはありますね。車体全長は前者が10mで後者が8.5mですから大きさよりも重さがすごかったということになります。ヒトラーの肝いりで開発されたマウスですが、実戦投入されないまま終戦となったようです。

画像


開発の初期、この超重戦車には「マンムート(マンモスの意)」の呼称が与えられたそうです。マンモスならば名は体を表すなんですが、これは後に変更され「モイスヒェン(子ネズミ)」の名称が付されたそうで、敢えて逆の印象を与える名称を付けることにより情報の秘匿を図ったようです。それにしても188トンは重量超過のように思えますけど、実戦投入されていたらどんな結果だったのでしょうね。128mm砲は3.5km先のT-34を貫通したそうですが…。

ドイツ軍は1000トン以上の戦車も計画していたそうです…

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
重すぎますね(笑)!スピードが出せるのかな。
それに、これが走ったら道路が完璧に壊れますよね。

日本の道路は車両制限が最大で25トンまでだったと思いますが、日本の戦車は道路を走れるのかな〜?
ヤッター万
2016/07/04 08:21
ヤッター万さん、こんばんは〜。
最高速度は時速20km/hだったそうです。意外に?速いですね。もっとカメのようかと思ったのですが。確かに道路は破壊されますね。日本の戦車はどうなんでしょう。装甲車は走っていましたけど…。
Itomoro51
2016/07/04 22:25
日本の道路は30トン程度の車が往来しても大丈夫だと思います。ただ鉄製のキャタピラだとアスファルトは傷むでしょうね。自衛隊基地の近くで戦車が走る事を前提として造られた道路はコンクリート舗装にしてあったと思います。
J-ROADCREW
2016/07/09 13:31
J-ROADCREWさん、お久しぶりです。
そうですね、188トンだとアスファルトはズタズタになりそうですね。最近のアスファルトはあんまり真夏に溶けることが減ったように思いますが。海外はコンクリートの道路も結構あるようです。
Itomoro51
2016/07/09 19:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
WWUの戦車たち…その9  GOING SOLO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる