アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「働くボールペン」のブログ記事

みんなの「働くボールペン」ブログ


ペン付き定規(働くボールペンシリーズ15)

2017/04/17 00:05
意表をついて、文具のご紹介。オモチャは卒業です(嘘)。これは「Pen in Ruler」という商品でして、見かけたことのある方も多いのではないでしょうか。なんせ「2016年文具大賞デザイン部門優秀賞受賞」ということらしいですから、たいした代物なんです。また、「働くボールペンシリーズ」は一頃凝って収集し、ブログアップしていたのですが、すっかり飽きて放置していましたので、実に6年ぶりの新規ご紹介となります。

画像


筆記具の軸に目盛りを付加するタイプのペンは何回か見かけましたが、ちょっと実用的ではないと思ってスルーしていました。この商品は発想を逆転して、定規の中にペンを仕込んだところがGoodな感じですね。筆箱の中に放り込んでおけば、以外と役に立ちそうです。ペンがしっかり使いやすいサイズなところがミソ。もっとも最近はあまり定規で線を引くことも無いので、結局は使わないままになってしまうのかなぁ。

目盛りがちょっと見づらいのが難点でしょうか…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


メジャー付きボールペン(働くボールペンシリーズ14)

2011/11/29 00:05
意外とあるものです…機能付きボールペン。忘れた頃になって、ひょっこり見つけてしまいます。ちょっとイチジク浣腸の形に似ておりますが、ちゃんとした2mのメジャーが付いており、上部の丸いボタンを押すと巻き戻されます。家具屋さんが販売していたものですから、家具のサイズを測って、ちょっと記録したい時にボールペンを使用するという使い方でしょうか。自宅で使うのに重宝しそうです。

画像


働くボールペン…殆ど探していないのに、何かの拍子に見かけてしまいます。前回は旅行グッズ屋さんで、今回は家具屋さん…見かけると、買ってしまいますよね。結構な本数がたまってきました。ノギス(写真)・温度計・アーミーナイフ・ハンコ・ルーペ・扇風機・ライト・マルチツール・水準器・耳かき・ホイッスル・紙幣チェッカー・そしてメジャーなど…展示会でもやりたい気分です(笑)。

そうだ、WAGNER定例会で万年筆と一緒にしれっと展示しちゃおうかな…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


紙幣チェッカー付きボールペン(働くボールペンシリーズ13)

2011/09/28 00:05
要するに紫外線ライト付きのボールペンです。「紙幣チェッカー」は少し大袈裟なような…。旅行グッズのネットショップで見つけましたので、海外旅行用でしょう。…そもそも日本国内では偽札チェックは不要なように思いますし…。海外(特にアジア圏かな)に行く際には必需品なのでしょうか?基本的に、殆ど海外旅行はしません(というよりお金無いので出来ない)ので、自分にとって「働く」ボールペンなのかは微妙です。

画像


外観は普通のボールペンであり、軸の後端に紫外線ライトが付いております。中国語パッケージそのままの、バリバリの中国製…説明図ではボタン電池3個と記載されているのですが、実際には4個入れないとライトが点きませんでした。この辺の「ユルさ」が「らしさ」でしょう。試しに5ドル札に紫外線を照射すると、確かに縦筋が浮き上がります(写真では分かりにくいですが)。意外と使えるのかもしれませんね。

久々のテクニカルなギミック搭載ボールペンでした…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


ホイッスルペン(働くボールペンシリーズ12)

2011/08/27 00:05
かなり前から存在は知っており、購入するかどうか迷っていました。ホイッスルなんていつ使うんだ?と思っていたもので…。やはり震災で見る目が変わったのは事実です。非常持ち出しリュックの中に入れている筆記具…どうせなら多少なりとも機能的なものがいいかなと思った次第。意外と凝り性なのか、非常持ち出しリュックの中身の充実度向上に一時熱を上げていた時期があり、その後遺症でしょうか。

画像


ホイッスル…例えば瓦礫の下に閉じ込められた様な時に使うということでしょう。しかし、あまりホイッスルのお蔭で救助されたという話は聞いたことがありません。まあ気休めなのでしょうが、一応「働くボールペン」として、勝手に認定しようと思います。非常用持ち出しリュック同様に、必要となる状況にならないことを願っていますが…。音の方は結構立派な音がします。SOS「・・・―――・・・」だけは忘れないようにしておかないと…。

細々と続いている「働くボールペン」シリーズ…今はパッシブモードで、積極的には探さずに見かけたら…というスタンスです…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


トレッカーペン(働くボールペンシリーズ11)

2011/05/31 00:05
フィッシャーのスペースペンがベースのようです。通常のボールペンは重力によりインクがボールの先へと落ちていきますが、スペースペンは内部に封入された窒素ガスの圧力によってインクがボールペン先ヘと移っていき、そのため、逆さにしても、無重力状態や水中、極度の暑さ寒さにおいてもスムーズに書く事ができる…とのこと。また、特殊インクで、ドライアップがなく100年以上の保管も可能…ホントかな?…。

画像


カバンに付けておいて直ぐに書きたい時用に購入。先日購入したジョッター用という訳です。どうせならタフなペンがいいかな〜と思って…。最近はカバンに万年筆の入ったペンケースを入れておりません。ペンケースは会社内で使用。理由は…防災グッズでカバンが重くなったためです。気分的に当面は防災グッズ(薬・カロリーメイト・マルチツール・懐中電灯・携帯充電器など)優先です…。ということで、ペンも防災仕様という次第。

ドライアップがなく「100年以上」保管可能…加速試験をしたのでしょうが、試験内容が気になります…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


カードツール(働くボールペンシリーズ10)

2011/05/09 00:05
久々の「働くボールペン」です。…と言って、これをボールペンとは呼ばないでしょうが…。ビクトリノックスのカードツールです。内訳は、ナイフ、ハサミ、爪やすり、とげ抜き、つまようじ…そしてボールペンです。また、本体が定規になっています。会社用カバンには、これまでレザーマンのマルチツールを入れておりましたが、こちらの方が軽くて薄いので交代させました。レザーマンの方は非常持ち出しバッグに移動…。

画像


一番使うのは多分つまようじとハサミでしょうね。このつまようじ、昔ビクトリノックスのナイフにも付いていて、結構便利だった記憶があります。ナイフがあるので飛行機での出張時は要注意。電車移動時は持って歩いた方が便利でしょう。しかし、このボールペンは本体に差し込んで使うのかな?と一瞬思いましたが、この細くて短い「そのもの」をボールペンとして使え…ということのようです。試しに書いて見ましたが、ウーム…読める字を書くのは難しい…。

悪筆に拍車をかけるボールペンですが、まあエマージェンシー用ですから…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


働くボールペン…ではない…

2010/10/16 00:05
ロケット型のボールペンです。立てて置ける以外の特殊な機能はありませんので、働くボールペン…ではない…ですね。サッと何かを書き留めておきたい時がたまにありますが、自分の机の上ではいつも万年筆を使用。やはり利便性から言えばボールペンがあった方がいいかな〜と思うようになりました。ボールペン自体はあちこちに置いては居ますが、机上に無いということで、卓上用のボールペンを物色。しかし、生真面目なものが多くて、少しだけ面白味があると思ったのが、このボールペンでした。なんとなく微妙ですが…。

画像


万年筆に嵌って、ボールペンにも魅力的なものが多いことを知りました。但し、限られた資金ですから、原則として万年筆に集中投下しております。ちゃんとした(且つ、比較的上等な)ボールペンは連れ合いが買ってくれたモンテヴェルデの2本と、会社で使っているラミーの2本…計4本だけ。もちろん、景品で貰ったような安物ボールペンは探せばたくさん出てくるのでしょうが、机上では使いたくない。…ということで、ロケットボールペンを使うことにしました。なんとなく微妙ですが…。

希望を言えば、ロケットがもう少しリアルな方が良かったかなぁ…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


働くボールペン…なのか?

2010/10/10 00:05
拳銃で有名なスミス&ウェッソンのタクティカルペン。銃器メーカーらしく、渋いデザインです。で、これで何をするかって?闘うのでしょうね、多分…。アメリカでは警官が使ったりしているそうです。いざという時に武器になるということでしょう。確かにこれでグサッとやられたら大怪我します。但し、普通のボールペンでもグサッとやれば大変なことになる筈。これは引っくり返すと頑丈な先端の尖った棒に変身する訳ですが、「いざという時」に引っくり返す時間的余裕があるのでしょうか…。

画像


ということで、このペンが働くような場面があったら困る…ということから、働くボールペン失格とします。買っておいて、勝手に「働くボールペン失格」なんて言っているし…orz。もっとも自分が失格なんて言っても、メーカーには何の影響もないでしょうが(笑)。そう言えばサブマシンガンで有名なUZI(ウジ)も似たようなペンを売り出しています。流行りなのでしょうか…。そちらは買わないように我慢しております。

だんだん変な方向に向かっている働くボールペン探し…止められないのでしょうね…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


働くボールペンシリーズ…番外編

2010/09/06 00:05
写真は、よしもと楽笑生活の、その名も「耳書き」です。この方向に向かうと際限がなくなりそうで、今まで自重してきたのですが、ヤフオクで見つけてしまったので入手。300円ナリ。回転させると耳掻きとボールペンが交互に出てきます。働くボールペン探しにて、ずいぶん色々なボールペンを見てきましたが、この手のボールペンとしては、ツボ押しペン、ロールアップペン(顔のマッサージ用ローラー付き)等があります。何故この「耳書き」だけ入手したかと言うと、会社で使える耳掻きが欲しかったから…。

画像


まあ、普通の耳掻きを百円ショップで購入すれば済む話ですが、それでは働くボールペン達を集めた手前、面白くない。「耳書き」は、その存在を知っていたので、ヤフオクをチェックして発見したという次第。しかし…ボールペンは使えませんね。耳掻きを出し入れするために先端の穴が大きくて、ボールペンが出てきてもガバガバで、グラグラ。耳掻きとしても長さが短いので微妙にイマイチの使い勝手。まあ、ある意味期待通りの「腰くだけグッズ」でした(笑)。

話のネタには使えそうなので、会社机の中に放り込んでおきます…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


働くボールペン達のペンケース

2010/05/31 00:06
いろいろ悩んだ挙句、写真の帆布製のロールペンケースにしました。分度器ドットコムさんの人気定番品です。色はもちろんオリーブグリーン。ペンケースはガテン系がいいかな〜と思っていたのですが、なかなかイメージに合うものが無く、比較的キレイ目な路線になってしまいました。ボールペンは6本収納出来ます。これまでにご紹介した9本のうち、印鑑付きは仕事着の胸ポケット、プロペラ付きと水準器付きは会社机の中、残り6本をこのペンケースに入れて持ち歩く予定です。

画像


もちろん、持ち歩くと言っても会社内だけです。通勤途上では不要でしょうし、重たいので通勤カバンには入れません。会社の敷地は結構広いので、例えば品質保証部の試験室までは歩いて5分以上かかります。このため、資料や老眼鏡、万年筆が入っている方のペンケースをトートバッグに入れて会社内で持ち歩くことにしました。そのバッグにこのペンケースも放り込んでおくことにします。しかし…このボールペン達は本当に便利なのでしょうかねぇ(今更何を言うんだか…orz)。まあ、話のネタにはなりそうなので、それで良しとしましょう。

全部で9本ご紹介した「働くボールペンシリーズ」…ずいぶんとネット内を彷徨いましたが、面白かったです…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


タイトル 日 時
水準器付きボールペン(働くボールペンシリーズ9)
水準器付きボールペン(働くボールペンシリーズ9) まだありました…働くボールペン。ネットショップのペンハウスでミドリ軸万年筆を探していた時に、偶然、ドイツのリンダウアーというメーカーから水準器付きボールペンが出ているのを発見。しかし、ペンハウスでは売り切れでしたので、楽天で検索したところ、同じ(様な)モノを発見して購入しました。水準器とプラス&マイナスドライバーが付いています。水準器は仕事でごく稀に必要となることがあり、働くボールペンの仲間入りの条件は一応満たしています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/23 00:24
マルチツール付きボールペン(働くボールペンシリーズ8)
マルチツール付きボールペン(働くボールペンシリーズ8) 働くボールペンシリーズもそろそろ打ち止めの感があります。ネットで探しても見つかりません。写真は、ギネスブックに "Pen with the Most Tools" と掲載されたペン型コンパクトツールで、カッター6種、ドライバー2本、ノコギリ2枚、ペン、バネ外し、スクレーバー、やすり等が一本に収まっています。正式名称は「クラフトマンペンツール」。ここまでくると、もはや「ボールペン」と呼んでいいのかどうか…悩みます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/13 00:05
ルーペ付きボールペン(働くボールペンシリーズ7)
ルーペ付きボールペン(働くボールペンシリーズ7) 老眼が進行しておりますので、メガネは2種類使い分けています。資料を読んだりPCを見たり…は老眼用で、普通に歩く時にはいつもの近視用メガネ。遠近両用も考えたのですが、メガネ屋さんの「未だお早いのでは?」という一言で2本主義にて過ごしています。メガネがかなりリーズナブルに買えるようになりましたので、老眼用は手持ち2本から1本を、普通の近視用は同じく4本から1本を、それぞれ気分で選んで使い回しています。面倒と言えば面倒ですが、大分慣れました。ただ、困るのがうっかりどちらかを忘れてしまった時です。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/07 00:11
ライト付きボールペン(働くボールペンシリーズ6)
ライト付きボールペン(働くボールペンシリーズ6) ライト付きのボールペンはたくさん種類がありますが、どれもオモチャのようなライトなので、二の足を踏んでいました。先日、漸く使えそうなものを発見してゲット。このペンは尻軸側に比較的強力なライトが付いており、装置内部の確認に使えそうです。ペン先側にもブルーのライトが付いており、暗がりでも記入出来るようですが、こちらの機能はあまり使わないかな…。でも、ライトの機能が充実しており、その辺のオモチャのようなライト付きペンとは一線を画しています。その分、お値段もそれなりでしたが…。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/19 00:10
プロペラ付きボールペン(働くボールペンシリーズ5)
プロペラ付きボールペン(働くボールペンシリーズ5) 「働くボールペンシリーズ」というより、「変なもの」にカテゴライズ出来そうですが、謳い文句は、「アイディアに詰まったとき、頭が熱くなったとき、お役に立てそうなプロペラペン」だそうです。そう言われて見れば、会議で眠くなった時に使えるかもしれません。特に夏場は異様に蒸し暑い会議室もありますので…皆がブ〜ンと回し出したら面白いですね。でも自分だけだと「ま〜た、変なもので遊んでいる」と思われるのがオチ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/07 00:04
印鑑付きボールペン(働くボールペンシリーズ4)
印鑑付きボールペン(働くボールペンシリーズ4) 印鑑付きのボールペンは多種多様なものが出ており、珍しくはないです。極めて日本的なペン。ということで、「働くボールペンシリーズ」に加えるつもりは無かったのですが、三菱のピュアモルトシリーズに印鑑付きを見つけてゲットしてしまいました。ウイスキー好きですから、以前からウイスキー樽のオーク材で作ったピュアモルトシリーズは気になっていました。ただ、ボールペンやシャープペンではあまり「そそらない」ので、購入は見送ってきた経緯があります。(万年筆なら速攻ゲットしていたでしょうが…) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/26 00:09
アーミーナイフ付きボールペン(働くボールペンシリーズ3)
アーミーナイフ付きボールペン(働くボールペンシリーズ3) 今回はアーミーナイフ付きボールペンです。定番の小さなナイフとやすりとハサミ、そして小さな赤LEDライトが付いています。これも仕事用に使えそうです。よく実験室でちょっとした物を切るのにハサミやカッターを探すのですが、マーフィーの法則ではないですが、必要な時にいつも有りません。また、宅急便で荷物が届いた時にもテープを切るのに使えそうです。…個人持ちカッターは以前職場で刀狩されて手元にないのです。大怪我をした社員が居て、集中管理になってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/03/12 01:16
温度計付きボールペン(働くボールペンシリーズ2)
温度計付きボールペン(働くボールペンシリーズ2) 前回はノギス付きでしたが、今回は温度計。非接触の温度計で、ちょっと試した感じでは「そこそこ」正確なようです。尻軸のキャップを外して測定します。モータ駆動ICやCPUのヒートシンクの表面温度が測れそうですね。仕事で使えるかもしれません。通常は熱電対を記録計に繋いで測定するのですが、セッティングが面倒ですから、ちょっと今の温度を知りたい…なんて時に重宝しそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/06 00:27
ノギス付きボールペン(働くボールペンシリーズ1)
ノギス付きボールペン(働くボールペンシリーズ1) 先日まで、とある物体の長さを測ることが多かった(仕事にて)ので、いつもノギスを使っていました。その記憶のせいか、写真のクレオ・スクリベント製のメッソグラフを見た瞬間に「使えるかも〜」と思ってポチッ。なかなかエンジニア心をくすぐる製品です。クレオ・スクリベントという旧東独の会社は万年筆も作っているようですが、日本では限られたものしか入手出来ないようです。エボナイトのグリーン軸があるようなのですが、残念なことに入手するのは難しそうですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/24 00:15

トップへ | みんなの「働くボールペン」ブログ

GOING SOLO 働くボールペンのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる